「サカナカミ五重奏」

映画「さかなかみ」のための環境音楽

・プロデューサー   浜野安宏  

・演奏        日野皓正 

・コーディネーター  藤本晴美


ヒノ・テルマサの神道的音楽が「さかなかみ」を呼び込む


2014年 早朝

朝から、異常に研ぎすまされた頭を整理しきれないでおります。

だから、大きな、大きな創造の爆発を期待してこの文を記す。

 

新人映画監督ANKOU HAMANOの熱き想いとコンセプト

世界のトランぺッターTERUMASA HINO の感性と表現

 

出会い、激突、抱擁、対峙、自律し、連帯して行けるか?

打ち合わせも無く、再会し、ANKOU HAMANOが執念の映像を提示して、TERUMASA HINO

全霊で感じとり、音にして絞り出す。

映像がたぐいまれな才能によって、さらなる生気を放っていく瞬間を見たい。

映画「さかなかみ」に命が吹き込まれる3時間。

1対1でぶつかり、合流し、やがて偉大なる干潟へ大海へと注いで行くその時が今来る。

 

彼は演奏の前食事をとらないという。私もそうしようと思う。


0414-1.jpg


0414-2.jpg


午後2時  映画から映像を見せながら、感覚のセッション

午後2時半 録音開始


緊迫の演奏、多重の録音

神道的旋律の説得力が凄い

圧倒されています


0414-3.jpg


ヒノ・テルマサ!ブラボー

これで映画「さかなかみ」の音楽は世界に胸を張れる。

 

録音が終って、全身を尖らして音を聴き、張りつめていた気分を解きほぐす役は日野さん

やってくれた。それを引き出したのは通称ペコこと、藤本晴美さんだった。1968年に私

MUGENを創った照明ディレクターである。

世界のVIPに信頼が厚く素晴らしい人脈で今も一線で総指揮をやっている。

昨年ペコさんに私の50周年「想いの実現パーティー」総指揮をお願いした時、日野さん

がサプライズで登場、素晴らしい演奏をしてくれたのが、今回の映画音楽に繋がってきた。

「イトウ五重奏」と名付けたい名演奏が生まれました。節目節目に出てくる、欲しい音楽

全て吹いてくれました。

どうかお楽しみに。


0414-4.jpg


0414-5.jpg




なんという不毛

なんという不毛、なんという文化不在の都市

だから、いまハイパーリアル・ムービーが必要なんだ


日本の都市は外からも中からも音を立てて壊れている。都市だけではない。「さかなかみ」

公白狼は幸いにも北限の干潟にイトウを見出せたが、北海道の自然破壊はイトウを最北まで追いつ

めたのである。


都市の再開発など轟音とともに進んでいるが、一見高度都市文明の成果のように見えるが、

人間の不在化がすすみ、商業のみならず、娯楽、エンターティンメント、クリエティブな文化が

凄い勢いで駆逐されている。


今日は、全身がぼろぼろになるほど疲れた日だ、私がCCCTSUTAYAの増田オーナーに頼んで作っ

もらった映画館はもはや映画学校に変わっていて、ここで自分の作品を上映させてもらうのだと熱

意をこめて創ったQ-AXシアターは試写会室となりスケールも半分以下になっていた。もう涙が出て

きた。


遠回りしすぎた映画青年は長い長い人生かけたロケハンの末にやっと上映してもいい映画を完成

せようとしている。

その時には理想的に創った映画館は無く、街中の小型の映画館の多くはスクリーンを外され、

機を取り去り、集会所、宴会場にかわっていた。東京はひときわ破壊が進んでいる。映画が出来て

も仲間に見せるところすら無い、なんという都市なんだ東京。

街ではI-Phoneにしか興味の無い若者がぶつかってくる。自分でぶつかりながら不愉快な死人の

な顔。行政が植えすぎた杉の花粉が跳び、PM.5が滞り、ジワジワと放射能の恐怖が迫ってくる。

なんという文化不在の都市、なんという不毛!


どんどん人間関係は破壊され、再開発は現実とはかけ離れたスペースが上空に昇って行く。架空

リートビジネスが音も無く蔓延り、何時の日か轟音を立てて崩れ落ちる。

映画「さかなかみ」は残酷な、汚れた都市文明は映さない。わずかに北海道に残った命だけを求

てさすらう男の背中で多くのことを語りたい。このハイパーリアル・ムービーをどうしても見

しい。見せる箱が無い。テレビではインチキ学者、少女の歌や踊り、お笑いのゲラゲラが蔓

いるだけ。なんという不毛・・・


是非、みなさんと日本の命を繋ぐ、私たちの命を確認しあう映画上映とトークイベンントとしたい。

私たちは生き物だ、生きているんだ、一人ではないんだ


We are every where , Yes! we are every where!


20140410.jpg

クライマックスへ向って

映画は益々充実してクライマックスへ向っています。


音楽など素晴らしいミュージシャン、協力者が参加!

でスケジュールが動きました。

よろしくご支援ご指導ください。

 

映画「さかなかみ」製作完成までのおおよその予定


4月12日 主音楽の録音

  13日 効果音録音ロケ

  14日〜4月末 最終ダビングなど

5月 中旬〜下旬 完成予定

6月 14日(土) 札幌プレミア試写会&トークショー

   16日(月) 東京試写会&トークショー

   20日(金) 京都試写会&トークショー

9月 中旬 一般公開

9月 下旬 DVDなどマルチメディア発売


※7月20日頃まで、試写会、上映会は申し出ていただければ、上映、

トークショーなど行ないます。どんどん申し出てください。

また、上映会&トークショーのスポンサーも募集します。

よろしくお願いします。


20140409.jpg

どうするんですか?ここまでやらせて

建築家にここまでやらせていいんですか?

どうするんですか?ここまでやらせて!?


このショールームで会議しているとナカナカいいアイディアが出て、よく整理出来た気がする。

このランダムな木組みが外界と結界を結んでくれているなどというと隈さんその気になりそう

だが、居心地は良いです。


一緒に仕事したこともある、隈研吾設計の台湾のケーキ屋ショールームが青山にできた。ヒット

商品、パイナップルケーキを試食できて、お茶も出ます。欲しければ買うことも出来る。ごちそ

うになって帰っても良い。

どうして掃除するの?雨とか、雪とか、埃、鳥の糞メンテナンスが大変そうと見るのは、古い人

間なのかな?それにしても,これだけやりたい放題させてもらえる建築家は幸せです。こんなあ

そびが出来る企業は幸せです。まわりの住民は辛いかもしれません。コンクリートとガラスの箱

よりいいかもしれませんが・・・


20140320-1.jpg


20140320-2.jpg

都市文明後の世界

私は都市文明後の世界を考えてきたのだが、ベストセラー「ファツション化社会」を書いたもの

として。


未だに都市文明から抜け出られない世界の自動作用をどう考えたらいいのだろうか?

60年代末期に構想し,70年代初頭に「浜野安宏ファッション化社会」(何度も再販、復刻の

ベストセラー)を書いたのは都市文明後の人間社会の展望だった。

「人があつまる」(ロングセラー)では都市文明後の都市について構想した。多くの人に影響を

与えたようだ。歩き、生活し、自然と都市の両側に棲み、生きてきた。すぐれた建築家も多くな

った。建築技術も発展を続けた。土木工事も進歩した。しかしながら、ますます都市文明そのも

のが自己増殖して行っている気がする。

私はこのごろ仕事ついでに、東京の再開発や近代の補修、再生などリノベーションを見て歩いて

いる。建物は増殖しているが、人々は黙々と携帯電話、I-Phoneを見ながら歩いている。ますます

都市文明は都市そのものを消失し、不在化させて行き、人々はファッション化によって、次のス

テージに入ってしまった。職場や居住環境に従属するのではなく、狭い入り口から世界に、即時

に繋がって行けるネット社会、メディア村に棲み分けている。どんなにつまらない街になって行

っても、各個人の生活とは関係ないかのようだ。


JRは今まであり余る不動産を無為に放置、無駄使いしてきたが、やっと再生、再利用、再開発

余念がない。私は国鉄がJRになった後の数年間、商業、人間界隈などを駅および駅勢圏にどう

るか、レクチャーしてきた。主に社長以下意思決定に関わる人々にである。それは効果があった

ようではある。私が具体的に実現したのは丸の内駅前のテンポラリーなビヤホールぐらいである

が、それでも実のためにあらゆる規制と格闘してきた。

今では大きなウェーブになって都市にわずかな味わいを添えている気がする。古い鉄道高架下は

白く利用されているが、せっかくの川には裏を向けている。表を向こうという意欲は感じるが、

実は対面する超高層もふくめて相変わらず川にはお尻をむけたままである。

超高層のビル風を界隈に当てないために申し訳程度のヒサシが付いているのが、もっと寒々とさ

る。都市文明後の時代になったはずの現代、現実の都市は更なる不在と消失に向けて走り続け

ている。れは建築家や建設業に対するやっかみでも批判でもない。この文明的状況全体につい

てどう舵をきのか?


静かに考えることが必要な時が来ていると思うのである。自分のブログで時おり熟慮、発表して

行きたい。


140313-1.jpg


140313-2.jpg