西安に来ると若き空海が想われる。

西安に来ると必ず普段着で、城壁に囲まれた西安旧市街の回坊をぶらりとぶらりと徘徊する。

 

手打ちうどん、そば、小龍包、餃子・・串焼き肉、ソーセージ・・・など店がひしめき合っている。

最近ではファッション、工芸品、アンティーク、ギャラリーなども増えてきた。あれから何年経っ

だろう。青年時代の人間空海の苦悩、喜び、気づき、人間に迫りたかった。「同行二人」私の中

海を映像にできないかと思って彷徨っていた。四国八十八ヶ所、空海の足跡をたどった時、西安で修

業僧時代の空海の空海から、弘法大師と慕わ晩年の空海に至るまで、私の中のクウカイ・スーパ

ースターを探していた。


西安で映画村計画、まだ眠ったままの秦の始皇帝墳墓の現代科学で想定される実像に迫り、再現し。

秦の始皇帝地底再現墳墓博物館を創ろうと提案していた。

その時、若くて逞しい楊さんがプロジェクト・マネージャーだった。あれから彼女は二子の母となった

そうだが、思い切り強くハグしてきた。大柄な揚さんのおかげで、どんな裏道でも暗がりでも若き空海

になった気分で歩きまわることができた。

あの頃の面影も、長身の背筋がシャンとした元気な歩き方も変わらなかった。中国は女性が素晴らしい

コーディネーター、マネージャー、時にプロデューサーになる。


男社会の日本の常識では中国人とは付き合えない。

揚さん、家族を置いて、あの頃の気分のままで同行二人ありがとう。


謝謝!


20150323-1.jpg


20150323-2.jpg


20150323-3.jpg


 

道可道 非常道

道可道 非常道 

名可名 非常名

 

道は道にして 常に道にあらず

名は名にして 常に名ならず


中国四川省、成都に来ています。

私達の旅は道教のお寺とその敷地から始まりました。

住職の李さんが私にくれた「道徳経」の第一章、冒頭の一行から引用しています。

成都3地域一体開発の第一地域です。成都で最も眺めと風通しがいい丘の上に広がる広大な敷地

を道教の精神で「唯在」世界を創ります。

強欲な支配者が去った後の浄化、水の如く循環と再生を行い。成都市街で行なわれている、加熱

して、過剰な都市開発をクールダウンし改善させる気づきとなるような、大いなるヴィジョンを

提示したいとおもいます。


20150320-2.jpg


20150320-3.jpg


20150320-1.jpg


東京で恐るべきことが、強引に進んでいる。

2020東京オリンピックのために。神宮森を切り、充分使える競技場を壊し。

ザハ・ハディド設計の時代錯誤なシンボリック建築、ホワイト・エレファントにしかなりよう

がない、日本らしさも何もないジャンクに気の遠くなるような税金を使おうとしている。

これは決して日本人の意志ではない。


日本人から税金を吸い上げ、誰が決めたか解らない国立競技場の周辺樹木の大規模で暴力的な伐採

行なわれている。不可逆的行政暴力は一見合意形成に基づいて行なわれているように見せている

が、多くの国民をマスメディア、世論操作で無能レベルに落として、平然とこんな暴力が行なわれ

ている。


審査委員長の安藤忠雄は木を切らないと言ったそうだが、文化調査と称して大量の樹木が切られ山

うに積み上げられている。国立競技場を残す会のメンバーの一人は涙を隠さなかった。

さてこれから、世界の反論を押し切って日本の集団無責任体制がどこまでシラを切り通せるか。

我々は「巧」な戦略を緻密に組み立て日本人の本当の自由と幸福を護らねばならない。


戦う時が来た。


P1170398.jpeg


☆この写真を見て、決して下記のような弱音をはかないでほしい!

1、もうだめだ。

、しかたがない。

3、自分はナニもできない。

4、ムツカシイですね。


この内容はfacebook上で、85シェアで世界に拡散し、600を超える賛同者で拡散しています。

2015年、新年あけましておめでとうございます。

羊年の年頭に当たり、羊の問題についてちょっとだけ言わせて下さい。


なるべく、羊を食べないで、着ないでください。

肉食を減らして、皮やウールを着ないでください。

結局悪いのは羊ではなく、人間なのですから・・・


もし50%羊を減らし、30%牛を減らすことが出来れば、それだけで世界の砂漠化は、その分

だけ防げます。森が蘇り、川に水が流れ、湖の浅瀬には小魚を追う大物の鱒が走ります。

特に草の根まで食べる羊は危険です。今年は優しくディープなエコを実践し、解りやすく説く事

に注力したいと思います。30年間夏を過ごしたグランド・ティトンの麓から多くんことを学び

ました。この黒い動物はアメリカン・バイソン(バッファロー)です。私の家の近所に普通に居

ますが30年前には全く見かけませんでした。イェローストーン国立公園で増えすぎたバッファ

ローを減らすために絶滅していた天敵、狼を呼び戻す運動が行なわれ、私も僅かな寄付をし、ハ

リソン・フォードにTV(地球游談)で私と対談してもらい、発言してもらいました。

その運動は、バッファローがグランド・ティトンの周辺に生息域を拡げてきました。逆にニュー

ジーランドでは羊を飼いすぎて森が切られて河川が減水し、湖の水量が著しく減っています。

私の愛する河川湖沼の異常が痛いです、中国からオーダーで過剰な羊肉、牛肉の増産に次ぐ増産。

こんな事をしていていいのでしょうか。


知らんぷりして、中国人の過剰を責められないでしょう。確かに大金払えばいい釣りも、大物も

手に入れられるでしょう。一人ぐらいと上海火鍋の羊肉しゃぶしゃぶに、ジンギスカン鍋に、高

値に不平を言いながらも食べれば楽しいでしょうが・・・一人一人が毎日の生活を生真面目に見

つめ直すしか私達のディープな喜びは得られません。?


私はもう20年以上羊毛のセーターを止め、背広を減らし、羊毛のコートもダウンジャケットか

フリースにしました。肉を半分、羊はゼロの生活をしています。



P1020262.jpeg

映画「さかなかみ」が産経新聞の取材を受けました。

映画「さかなかみ」のBSフジでの放映に関連して、産經新聞

の取材を受け、12月23日(火)の朝刊(文化欄)に掲載

されました。


1223SANKEI.jpg